本文へスキップ

沖縄天然酵母株式会社は、酵母菌を有効利用し、シークヮーサーに代表される沖縄産農産物による醗酵食品の開発・販売を行っております。

TEL. 098-963-6601

〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2-19-39 706号

製品FAQ&参考資料NEWS&FAQ

サポート情報(FAQ)

森の天然酵母について


Q.酵素という言葉をよく耳にします。「酵母」と「酵素」の違いは何ですか?

A.酵素食品は巷によく見かけますね!「酵素」は栄養素の分解と合成を行います。
  たとえば、私たちの体内でタンパク質を分解してアミノ酸にする、というような大切な働きをします。
  では「酵母」はというと、実はその「酵素を生み出す」という働きをするのです。いわば酵母は「酵素の生みの親」というわけです。
  それと、酵素は「物質」であり、生命体ではありません。一方酵母は″生み出す゛ということからも分かるように、「生きている微生物」なのです。

Q.小腸と大腸はそれぞれどう働くのですか?

A.(まずは小腸から)小腸は栄養素の消化、吸収を行うところです。食べ物からの栄養素の吸収はほとんどここで行われます。
  その他大事な働きが「免疫」機能です。免疫機能とは体に中に生じた異常な細胞とか物質を見つけだして排除する働きです。
  (大腸にはほとんどみられません)有益菌はこの免疫機能を保つために働いていまが、有益菌のひとつである「酵母菌」は小腸に定住できるといわれています。
  (次に大腸の働き)大腸は主に水分の吸収とふん便の形成・排出がなされます。ここで働くのが乳酸菌等の内有益菌で腸の中の腐敗を防いだり、抵抗力を高めたりします。
  乳酸菌は乳酸と酢酸を作り出すことによって腸内環境を酸性にして病原菌の感染を予防したりします。

Q.血糖値や血圧の抑制作用や、抗炎症作用などが報告されている「ノビレチン」はシークヮーサーの皮の方に、特に多く含まれていると聞きました。皮は使用されているのですか?

A.はい、シークヮーサーには他の柑橘類に比べ2~12倍も多く、特に皮の方に「ノビレチン」が多く含まれています。
  「森の天然酵母」はその皮丸ごとを原料としています。ですから「ノビレチン」が生きているのです。

Q.原材料に「甜菜糖」とあるのが気になります。大丈夫でしょうか?

A.「森の天然酵母」の原材料に使用している甜菜糖は、酵母菌を育てる過程で酵母菌が「ブドウ糖」と「果糖」に分解していますので、体内での害はありません。
  ちなみに「ブドウ糖」は「脳」の活動を活動を維持するのに重要な唯一の栄養素です。
  他の臓器ではたんぱく質や脂肪もエネルギーとなりますが、 脳のエネルギー原として使えるのは「ブドウ糖」だけなのです。

Q.「森の天然酵母」は乳児に飲ませても大丈夫なのでしょうか?

A.生後2週間頃から飲ませても大丈夫です。その際、白湯で味が感じられなくなる20~30倍まで薄め、少量から飲ませてください。
  お子さまのお腹の具合を見ながら少しづつ調整してください。

Q.「森の天然酵母」は薬との飲み合わせは大丈夫でしょうか?

A.「漢方薬との飲み合わせ」多くの場合大丈夫ですが、原料に乳糖を使用したものもあります。牛乳で下痢を起こす方は避けた方がよいと言えます。
  「現代医薬との飲み合わせ」薬に含まれている成分が変化を起こすこともあるので、1時間ほど時間を空けてから召し上がることをお勧めします。

参考資料

●β(ベータ)グルカンとは

単糖体のグルコース(ブドウ糖)が複数結合した多糖体をグルカンと呼び、その結合の仕方でα(アルファ)とβ(ベータ)の2種類に分けられます。健康維持に重要な成分と言われるのがβ-D グルカンです。βグルカンには、体内の感染細胞やガン細胞を攻撃する、マクロファージ等の細胞を活性化させる働きがあります。この免疫力や抵抗力を高める作用によって身体の中に侵入した細菌や異物を排除したり、仮に感染したとしても発病を抑制する抵抗力を与えてくれ、ガンなどの腫瘍を抑える効果も期待できると言われています。さらに、血糖値を下げたり、利尿効果、血圧調整、血中コレステロールや中性脂肪値を低下させる作用等があるといわれています。自然界ではアガリクスやシイタケといったキノコ類や海草類にも含まれ、海草類では「フコイダン」などの商品化がされています。

●ノビレチンは健康にも、美容にも大活躍

ノベリチンはフラボノイドの一種で、強力な抗酸化物質として知られています。発ガン物質の活性化を抑制する効果や、血行促進作用、血糖値・血圧上昇抑制作用、抗血栓作用などがあると言われています。ノビレチンにはそれ以外に美容への効果も期待できます。近年紫外線が急増し、皮膚の障害や発ガンが心配されていますが、ノビレチンにはその紫外線照射による障害を予防する効果や、皮膚の老化によるシワの原因となる細胞外基質分解酵素の産生予防、シミの原因であるメラニンの生成を抑制する働きがあると言われています。

●アミノ酸は命の根源

アミノ酸は太古の時代から地球に存在する最も古い栄養成分です。原始生命から現在のヒトに至るまで、アミノ酸は生命の源として利用されています。

●20種類のアミノ酸からヒトは構成されています

私たちのカラダを構成している、10万種類にも及ぶたんぱく質は、わずか20種類のアミノ酸のさまざまな組み合わせでつくられています。これら20種類のアミノ酸は、私たちのカラダにとって、決して欠かせないものです。さらに、たんぱく質の材料として使われる他、必要に応じてカラダのエネルギー源として利用され、個々のアミノ酸は、それぞれカラダにとって重要な役割を担っています。

●天然酵母はアミノ酸のデパート

たんぱく質は20種類のアミノ酸から構成されています。11種類のアミノ酸は必要なときに人間の体内で合成することができますが、そのうちの9種類はカラダで合成されず、食事から摂る必要があります。それを「必須アミノ酸」と呼びますが「天然酵母」はその必須アミノ酸が含まれているので簡単に摂ることができます。

● ビタミンB1の働き

ビタミンB1は、日本人の主食である米や、パン、砂糖などがエネルギーに変換するのを助ける栄養素です。脳の中枢神経や手足の末梢神経に対してもビタミンB1は作用しており、機能の正常化や心臓機能を保護する働きもあります。さらに、ビタミンB1は筋肉疲労を防止したり、疲労を癒す効果があるとされています。

●ビタミンB2の働き

ビタミンB2は、体内で動脈硬化や老化の原因となる「過酸化脂質」の生成を抑える効果がある栄養素です。中でも、動脈硬化は生活習慣病の一つともされており、高血圧、脳卒中などの原因ともなります。ビタミンB2は、このほか、細胞の再生やエネルギー代謝を促進し、健康な髪の毛、爪、肌を作り出して全身の成長・維持を助けます。また、ビタミンB2には粘膜を保護する働きがありますから、目、舌、唇などの粘膜せい部位の健康についても効果があります。

●ビタミンB6の働き

ビタミンB6の具体的な作用として、人は「たんぱく質」を分解し、人体に必要な形で再合成し利用しやすいアミノ酸に生成しますが、その中で一部のアミノ酸の合成をサポートするのが、ビタミンB6の主な役割です。特に、ビタミンB6には髪の毛や皮膚、歯を健康にする効果や成長を促進する効果があるほか、神経の働きを正常に保つ効果があります。さらに、ビタミンB6には神経伝達物質の合成にかかわり刺激の抑制にはたらくインスリンの合成に関する効果が期待できます。

●ビタミンB12の働き

ビタミンB12は、葉酸と協力して赤血球が正常に生まれるのを助ける作用があります。そのほか神経細胞の中の核酸やたんぱく質などの合成と修復に欠かす事のできない栄養素の一つです。



※以上のビタミンは全て、水溶性ビタミンです。水溶性ビタミンとは、その名前の通り水に溶ける性質があるビタミン類を指します。ビタミンCも水溶性ビタミンに該当します。
水溶性ビタミンの特徴は水に溶けるため、過剰に摂取しても尿と一緒に排泄される為過剰症の心配はありませんが、体に貯め込むこともできないため、毎日摂取しなければ欠乏症を発症するおそれがあるといわれています。

バナースペース

沖縄天然酵母株式会社

〒900-0014
沖縄県那覇市松尾2-19-39 706号

TEL 098-963-6601
FAX 098-963-6602